HOME > 保険を見直す > 貯蓄型の保険

貯蓄型の保険

貯蓄型の保険は、保険料の他に貯蓄性を持つ保険料も含まれています。終身保険では貯蓄性の保険が多くなっています。貯蓄の料金も含まれているため、当然掛け捨てよりも保険料は高くなりますが、解約時や満期時に返戻金が貰えます。毎月の保険料の負担が多少高くても、貯蓄性を持たせたい方に向いている保険です。貯蓄を別に考える方は掛け捨ての方が良いでしょう。

貯蓄型は時代と共に減少

昔は保険と言えば貯蓄型が主流だったようです。金利が高く保険会社に運用を任せた方が返戻金が多く戻ってくるというメリットがあったようです。しかし、最近は低金利時代ですから、保険会社に貯蓄部分を任せてもそれ程多くの返戻金が帰ってくるということは少ないようです。保険と貯蓄は別に考え、保険料をなるべく抑えたいと言う方の方が増えています。

このページのトップに戻る